人生の課題について 〜サビアンシンボル

占星術の話。全くの素人話です。
興味がない方はスルーでお願いしますm(__)m

こちらのブログ記事を読んだのがきっかけで、西洋占星術のドラゴンヘッド、ドラゴンテイルというものに興味が湧きました。

これらは、「今までの人生(過去世)」と「今後経験しなければならない人生(今世~来世)」を表すのだそうです。

一般的な説では、
ドラゴンヘッドが「今世で果たすべき課題」、
ドラゴンテイルは「前世や過去で慣れ親しんだ行動や考え方、もともと生まれ持っている性質」
だそうなのですが、
上記のブログ主さんによると、ご自身の実体験から、ドラゴンヘッドとドラゴンテイルは逆でははないか、とのこと。

ドラゴンヘッドが、前世や過去。
ドラゴンテイルが、今世から来世。

(ただ、どちらも当人の性格を表しているわけではないのだそうです。)

私はスピラーの本など持っていないので、最近知った「サビアンシンボル」を手がかりに、とりあえず自分について調べてみました。
(「すたくろ」さんのサイトを参考にさせていただきました。)

ドラゴンヘッドは、蠍座4度。
サビアンシンボルは「火のともったろうそくを運ぶ若者」

ドラゴンテイルは、牡牛座4度。
サビアンシンボルは「虹のたもとの金の壷」

でした。

色々と深い内容のことが書いてあるのですが、かなり大雑把にまとめると、

ドラゴンヘッドの蠍座4度は「人を信じる」。
ドラゴンテイルの牡牛座4度は「自分を信じる」。

ということらしいです。

人を信じる…。
自分は、どちらかというと人に対してあまり疑り深い方ではないかな。
幼少期から、信頼できる人に恵まれてきたとは言い難い、わりと特殊な環境で育ったわりには。
(実際、育つ過程を身近で見ていた姉に、よく不思議がられます☆)
人間不信になりそうなきつい経験も何度かあったのですが。

単に脳天気な性格なのかと思っていましたが、「人を信じる」が「今世で培ったもの」ではなく、「過去世から引き継いだもの」だとしたら…。
なんとなく、腑に落ちる気がします。

逆に、「自分を信じる」ことはかなり難しかった。30歳頃までは本当に自己否定が激しかったです。
今は以前に比べればかなり克服して楽にはなりましたが、自分の人生には幼少期からずっと「自分を信じる」という課題がつきまとっている感じがします。
まるでそれを試されているかのような出来事が、繰り返し起こるので。
理屈じゃなく、「人を信じる」よりも「自分を信じる」ほうがずっと何倍も困難に感じてきました。

そんなわけで、自分的には、上記ブログ主さんがおっしゃるように、
ドラゴンヘッドが過去、
ドラゴンテイルが今世で向かうべき方向。
というのがなんとなくしっくりきました。
(こんな解釈でいいのかどうかわかりませんが。)

ちなみに、牡牛座4度は、「自分を信じ、意志力により自分の肉体を作り変えていく」方向へ向かうといいのだそう。
謎の虚弱体質に生まれついたのは、この課題のため???
「肉体を作り変える」というと、ボディビルダーでも目指すのかと思われそうですが、おそらく「自分の意志力で体質は変えられる」ということだと思います。
これ、以前に書いた記事(「人体の神秘について」)とシンクロしているなあ。


ついでに、天体などのサビアンシンボルについても調べてみたのですが、その中で印象深かった、アセンダント・サインと太陽について。

上記ブログ主さんによれば、アセンダント・サインはその人の「本質」を、太陽は「今世の課題」を表すそうです。

アセンダント・サインは獅子座28度。
サビアンシンボルは「大きな木の枝にとまるたくさんの小鳥」

↑この写真と記述に驚いてしまった。
昨年あたりに1度だけ、
「自分が1本の木になって、たくさんの鳥が集まってきて枝にとまっている」
という変わった夢を見たことがあり、この写真のようなイメージの記憶が鮮明に残っていたので。
不思議な偶然。そんなファンタジックな夢を見たのはそのときくらいです。

とはいえ、

ん?肝心な特徴が1個も当たってない気がするのは気のせいか…?
社交的じゃないし。
策を練るのが上手なら、もうちょっと要領よく世の中を渡っていると思われる(涙)。
うーん。

 

気を取り直して、「今世の課題」太陽は…、天秤座13度。
サビアンシンボルは「しゃぼん玉をふくらませている子供たち」。

先日、姪っ子たちとしゃぼん玉をふくらませて遊んだばかり(笑)。
またもや面白い偶然でした。
リアルに「しゃぼん玉をふくらませていた子供たち」の姿が蘇る…。

機転がきいて察しがいいって、そんな空気を読むプロみたいな人に、なれるのだろうか?私。
ついつい空気を読んでしまう自分に辟易して、『凪のお暇』の、
「空気は読むものじゃない、吸って吐くものです!」
に共感したばかりなのに。

「子供のように無邪気で純粋」かどうかも甚だ疑問ですが、子供といるとつい一緒にはしゃいで遊んでしまうというのはあるなあ。
自分には大人の威厳など皆無。たぶん子供達からも完全に「同等の遊び相手」だと思われている模様☆
子供達の自由な発想力や柔軟性には、到底かないませんが。

と、何を書いているのかわからなくなってきました。
どうでもいい自分事ばかり長々とすみません。
誰が読むんだこんな記事 m(_ _;)m

と思いつつ、せっかく書いたので上げておきます…。
(ここまで読んでくださった方、どうもありがとう。)

素人の頭では、色々と読み違えていたり、勘違いしていたりするかもしれませんが、サビアンシンボルは、もっとちゃんと深く読んでいくと「自分を知る」とてもいい手がかりになりそうです。
占星術の世界は、なんだか奥が深そうだなと思います。
興味を抱くきっかけをくださった、上記ブログ主さんに感謝です。


こちらのサイトにも、サビアンシンボルの調べ方が詳しく書かれていましたので、ご参考まで。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中