『世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦』展を観てきました

お盆休みに1週間、子どもたち(姪と甥)とベッタリ一緒に過ごしていた為、ネバーランドから現実に戻ってきたような変な感覚だった本日。

午後から暇だったので、ずっと気になっていた展覧会を観に、急遽新幹線で京都まで行ってきました。
昼からの日帰り旅なので、京都滞在時間たったの4時間半。
それでも行ってしまったのは、その展覧会が今日までだったので。

細見美術館『世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦

「タラブックス」とは、インドの出版社です。
シルクスクリーンで印刷し、一冊一冊手作りで製本された絵本が特に有名で、世界に知られた出版社だそう。
私は少し前に書籍で偶然知り、以来原画を見てみたくてしかたなかったので、滑り込みで行ってきました。

最終日の為か、かなり賑わっていました。

驚いたのは、写真撮影がOKだったこと。
シャッターを切る音があちこちから聴こえて、撮影していいことに気づきました。
というわけで、私もスマホを取り出し撮影しながらの鑑賞。

展示室に入ると、まず目に飛び込んできたのは、世界各国の言葉に翻訳された有名な『夜の木』。

↓原画もズラリ。
細かい。とにかく丁寧で細かく美しい。

↓ダミー本と、不採用になったという原画も展示されていました。

なぜこれが不採用⁈と思う美しいものばかり。
こだわりの深さが伝わってくるようでした。


製作過程などが、数箇所で映像紹介されており、ひと色ひと色、色を着けては乾かしの繰り返しの作業など、一冊の絵本が出来上がるまでの気の遠くなるような道程に、ものづくりの原点を見た気がしました。

こういう心のこもった手作業の過程を見ているのがすごく好き。
時間が許すなら、ずっと見ていたい。
画面から、インクや紙の匂いまで漂ってくるようでした。

「物語を語り伝えるための絵巻物」「祭壇へ行けない人々が、祭壇の代わりに祈りを捧げるための作品」など、美術が、日々を生きる人々にとってなくてはならないものであること。心の支えであり、生活を潤すものであること。
作家は、自分の内側から自然に湧き上がってくる情熱に突き動かされ、魂を込めて製作する。それを心から必要としている人たちがいる。

展示を観ていくほどに、その世界観の中に深く潜り込んでいくようで、自分の中に懐かしい何かがじんわりと浸透してくるようで。
現代社会が忘れかけている「生きる」ということの原点へ回帰していくような…そんな感覚になりました。

先日の「あいちトリエンナーレ」の騒動を眺めていて感じた「芸術って何だろう?」という疑問と違和感を思い出し。

ここにはその原点がありました。


館内の茶室『古香庵』という場所で、タラブックスの様々な絵本を、畳に座って自由に読むことが出来るようになっていたので、いざ。

人がひしめき合っていて、写真撮影ははばかられましたが、茶室でインドの絵本を読むという面白い体験ができました。

↓『夜の木』の表紙裏側に、タラブックス設立者ギータ・ウォルフさんのサインを発見。


ミュージアムショップでは、『夜の木』が欲しかったのですが、既に売り切れてしまったようで。
図録と、『Creation』という絵本の原書(日本語版は『世界のはじまり』)を購入しました。

図録はまだ読んでいませんが、『Creation』はため息の出る美しさでした。
原書ということで、絵本にしてはかなり高価でしたが、買ってよかった。

紙の柔らかな風合い、インクの浸透具合や艶、匂いがたまらない。


結局、それほど広くはない美術館に2時間以上入り浸っていしまいました。
はるばる京都まで来てよかったと思える、見応えのある展覧会でした。

【おまけ】

美術館から平安神宮方面へ向かう道、ふと振り返ると、雲から光が八方にもれていて綺麗だったので、思わず撮影。

↓ついでに平安神宮前の大鳥居も。

【追加余談】

このブログを書いたあとに、ある方のブログ記事を読んでいたら、文章の一部が『Creation』の「鳥が螺旋を描いて飛翔している絵」(上に写真載せてます)とシンクロしていてびっくり。鳥肌たってしまった。(ん?鳥で鳥肌…決してダジャレではない)

もしかしたら誰もが「かつての場所・自分」へ還る旅を続けているのかなという気もします。
カルマの解消とはそういうことか、と。
飛翔する鳥は直線に飛んでいるわけではなく、大きな輪を描いているのかもしれません。

ksnovel-labo.comより。

不思議な偶然があるもの。

『世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦』展を観てきました” への3件のフィードバック

    1. コメントありがとうございます^^
      原色系の鮮やかな色彩が多く、まさに独特の世界観、独特の味わいでした。
      インドの人たちのパワフルな生命力が伝わってくるようでした。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中