星空に妄想をふくらませる

今日は、久しぶりに空が澄んでいるというか、星が綺麗に見えました。

といっても、私の住んでいるまちの空は、満天の星空にはほど遠いですが。
ぽつりぽつりと見える星が、それでもとても綺麗です。

志村ふくみさんの『伝書』の一節を思い出しました。

ある夜、星を見ていた。
その時、漆黒の夜空に光を穿ち、瑞々しく瞬く星が、私の魂に直結していることを感じた。
私たちは、光を宿す宇宙の星屑である。

以前にも記事に書いた、とても好きな一節です。

星と人は一対になっているというのは、本当でしょうか。

先日、北海道の被災地で撮影された満天の星の写真を見ていたら、なんだかありえるような気がしてきます。

空気が澄んだ日の夜空を眺めていると、全身がじんわりと癒やされる感じがして、いつも、どこか懐かしいような、泣きたいような感覚になるのはそのせいか。

そんなことを夢見つつ、ふと振り返ると、相棒犬のキョトンとした眼差し。

犬にも、対になる星ってあるのかな?

この子とは、出逢ったときから、以前から知っているような懐かしさがありました。
最初から、一緒にいることがすごく自然で違和感がなく、しっくり馴染んで、何を要求してるかとかが感覚的にわかる感じでした。不思議に思えるほど。

前世でも一緒にいたのかもしれないなあ。

そんな飼い主の妄想をよそに、カカカカカ、と耳のうしろを掻いて、大あくび。

写真素材 byUnsplash

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中