『フジコ・ヘミングの時間』

台風、大丈夫でしょうか。

被災地へのさらなる被害が出ないことを祈りたい。

私の住んでいる地域も直撃のもよう。今は風もあまりなく、晴れ間ものぞいています。

嵐の前の静けさのなか、観たかった映画に行ってきました。

『フジコ・ヘミングの時間』。

思った以上に混雑していました。

そして、思った以上に、とてもよかった。

古き良きものが大切に守られているパリの街並みと、フジコ・ヘミングの織り成す、ファンタジーと厳しい現実が溶け合ってひとつになったような、独特の味わいの世界。

彼女の着ている服、髪飾り、アンティーク調の家具、絨毯、床の軋む音、食器、壁にかけられた絵、モニュメント、ピアノの上でくつろぐ猫、それらが創り出す色彩、彼女の話す声のトーン、ゆったりと流れる時間。

そしてピアノ。

その全てが、一枚の完成された絵のようで、不思議なくらいに調和していて、素敵でした。

それぞれが居場所を得てしっくりとおさまっているという感じで、愛されて、満たされて、幸せそうな。

欠けていいものはひとつもないかのように。

ドイツで(だったかな)、久しぶりに再会した愛犬が彼女に駆け寄り、全身で嬉しさを表現する姿に、ジーンとしてしまった。

フジコ・ヘミングの演奏は、私の中で、様々な色彩の糸が丹念に織り込まれた織物のイメージです。

愛するものたちや、人生のひとつひとつの瞬間、様々な想い、祈りが、幾重にも幾重にも重なり、あの唯一無二の音色が生まれるのかな。

そんなふうに思って聴くラ・カンパネラが美し過ぎて、泣きそうになりました。

観終わったあと、何かに「満たされた」幸福感でいっぱいになりました。

とても贅沢な時間を過ごすことができました。

良きものに触れたあとは、台風に備えて早めに帰宅。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中